自分に自信を持つ7つの方法 その7

自分に自信を持つ7つの方法 その7

前回は、自分に自信を持つための6つ目の方法

「失敗を恐れず経験に変える」

というお話しましたが、今日はいよいよ7つ目最後です!

自分に自信がない人はついつい人と自分を比べがちです。

あの人にはあって自分にはないから

あの人みたいに自分はできないから

あの人みたいにかわいくないし

あの人よりもスタイルが良くないし

などと人と比べ始めたらキリがありません。

このように他人が基準になってしまうと

どんどん自信を失ってしまいます。

では、どうしたらいいのでしょうか?

「人は人、自分は自分」と思えばいいのですが、

なかなかそう簡単にいきませんよね。

ですから、まずはどんな自分も受け止めてくださ

こっちの方が大変だ…!

と思うかもしれませんが、

優れているところも、できない自分も、

ダメなところも、弱い自分も

全部あなた自身なのですから、受け入れてあげることで

本来のあなたの良さがわかるはずです。

自分に自信がない人ほど、

優れているところや良い部分だけを自分と認め、

できないところや弱い部分を

自分と認めない傾向があります

弱い部分を認めないからついつい人と比べてしまい、

よけいに自身を失くしてしまうのです。

ですから、できないところや弱い部分を認められば、

おのずと自信がついてくるはずです。

私も以前はコンプレックスの塊で、できない自分にばかり

フォーカスしていたので、ついつい他人と比べては

自分のダメな部分を責めて行動できずにいましたが、

そんな自分を認め、本気で変わりたい!と

思った時から行動できる人に変わっていました。

それは自分を信じて行動したからだと思います。

自信とは自分を信じることですから

自分の一部分だけでなく

100%の自分を受け入れなければ

自分を信じることにはなりません。

自分に自信がある人は、

自分の弱い部分やダメなところをよく知っています。

そして、それらも自分の一部だと認め、

100%の自分を受け入れ、自分を信じて行動することで、

本当の「自信」は得られるのです。

自分に自信を持つ7つの方法 その7

☆どんな自分も受け入れ、自分を信じて行動する

最後に「自分に自信を持つ7つの方法について」おさらいします。

その1.自信に満ちた人と一緒にいる環境を作り、その人がしていることを徹底的にする

その2.意識的に自信のある人のように行動する

その3.意識的にポジティブな言葉を使う

その4.人間の不完全性を認め素直になる

その5.自分の強みを意識して伸ばす努力をする

その6.失敗を恐れず経験に変える

その7.どんな自分も受け入れ、自分を信じて行動する

いかがでしたでしょうか?

誰でも必ず自信を持つことができますから、

自分に自信が持てない…という方は

ぜひ実践してみてくださいね。 

IMG_4615

[`evernote` not found]
LINEで送る

コメント1件

  1. 黒川直輝

    全ては自分。
    それが自らの分相応。
    だから自分でいい。
    自分しかこの世にいない。

    十分。信じるも何も全てを認めた方が楽。
    損も得もないマンマの自分。
    小っちゃいけど大きな自分。

    こんなとこかな。

    大竹さん
    ありがとうございます。
    感謝いたします。

    返信する

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.