魚食について学ぶ

魚食について学ぶ

日本人は魚を食べなくなった…

昔は魚屋さんに行くと料理の仕方を教えてくれたそうです。

私の小さい頃は軽トラで魚売りのおじさんが毎日近所に来ていて、

おじさんが魚をさばくのをじぃーっと見るのが楽しみでした。

しかし現在、町の魚屋さんはほとんどなく、

スーパーで切り身が売っていて、

魚のさばき方も料理の仕方もわからない人が増えています。

 

「実は、私もその一人です。」

 

また、料理をするときの臭いや生ゴミ問題もあって

日本人の魚離れが深刻化しているそうです。

image

 

そんな魚離れをどうにかしようという

札幌中央卸売市場で行われた魚普及のための

料理教室に参加しました。

image

 

中央卸売市場の中に入ったのは初めて!

とても広いことにビックリしました。

 

場内の見学もあり、一度乗ってみたかった

「ターレット」という乗り物にも乗せていただきました。

image

 

敷地の中には調理室もあり、今回の講師である

「さっぽろ川甚本店」の料理長さんが教えてくださったのは、

image

◯イクラの醤油漬け

◯鮭いくらの親子丼

◯鮭潮汁

◯秋刀魚伝法焼き

image

 

どれもとっても美味しかったです!

image

料理長の食に関するお話もとても深く、

「日本食」について改めて考えさせられました。

image

 

作ったイクラはおみやげにもいただいて帰りました。

なんとも贅沢で豪華なお料理教室でした。

image

 

これからもっと魚を食べよう!そう思いました。

 

===============

 

☆コンサルティング・コーチングはこちらから
↓ ↓ ↓
http://apricot-inter.com/noni/


☆ハワイブログはこちらから
↓ ↓ ↓
http://hawaii.chinatsublog.com/


「井上裕之札幌特別講演会」ぜひお待ちしてます!
↓ ↓ ↓
http://chouriva.com/data/sapporo/

[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.