器を大きくするための7つの方法 (その5)

器を大きくするための7つの方法 (その5)

器の大きさとは人としての大きさであり人間力です。

今日は人間力をアップするための5つ目の方法について
お話ししたいと思います
5つ目は「相手によって態度を変えない」です。
あなたは人によって態度を変えていませんか?
目上の人や上司、クライアントに対しては
すごく言葉遣いも態度もいいのに、
部下や依頼先、家族や従業員に対しては
命令調でトゲトゲしい人っていますよね。
また、好きな異性の前だとコロッと態度が
変わる人もいますよね。
「なんなんだ??」
と思いますが、こういう人って
案外多い気がします。
以前入ったお店で、感じの良い店長が店の奥で
従業員にひどい言葉で指示していただきのを聞き、
がっかりしたのを覚えています。
そのお店には二度と行きたくないと思いました。
器が小さいから、失敗を部下のせいにしたり、
手柄は自分に持ってくるので、周りから嫌われ、
応援される人ではない気がします。
また、こういう人ってせいぜい出世しても
中間管理職で終わる人が多い気がします。
人の器の大きさは初対面の時にすぐわかるものです。
例えば、名刺交換をした時…
興味がないとあからさまな態度を見せる人
名刺だけを見て、相手を見ない人
名刺をもらってもありがとうと言わない人
興味がある人としか話そうとしない人…
こういう人ってだいたい個人事業主か
中間管理職の人だったりするのですよね。
自分が良く見られたい人にはいい顔をして、
関係ない人にはそっけない態度を取ることは
自分の価値をさらけ出しているようなものです。
私の知っている一流の人の共通点は
誰に対しても同じ態度の方ばかりです。
ちゃんとした自分の軸があるので、
人によってコロコロ態度が変わらず、
言葉も丁寧な人ばかりです。
自分軸を持っている人は、一貫性があり
自信に満ち溢れています。
自信があるから無理に好かれようとはしないですし、
何よりも自分のことが大好きな人なのです。
自分のことが好きだから周りにも優しくでき、
自分を尊敬しているから周りに対しても
敬意を表すことができるのです。
また、軸があるから周りに流されることなく、
人を応援したり、人から応援されたりするのです。
自分の軸をしっかりと持ち、
誰にでも同じ態度で、器を大きくしたいものですね。
☆今日の一言☆
Stop changing the attitude by the person. 
人によって態度を変えるのはやめよう
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Amazonの著者ページができました!

image
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.