器を大きくするための7つの方法 (その3)

器を大きくするための7つの方法 (その3)

器の大きさとは人としての大きさであり人間力です。

今日は人間力をアップするための3つ目の方法について
お話ししたいと思います

3つ目は「言い訳をしない」です。

人は都合が悪くなると何かと言い訳をしたくなるものです。

例えば、
「やろうと思ったけど〜のせいでできなかった」
「お金さえあればできたのに」
「時間がないからできない」
「もう少し若かったらできたのに」
「嫁(夫)が反対するからできない」
などと、やらないことの理由を並べたら
キリがありませんが、
言い訳をすることで、原因は別にあって
「自分は悪くない!」と主張しているのです。

また、うまくいかなかった時も言い訳をすることで
自分を正当化しようとします。

見え透いた言い訳はなんだか聞き苦しさを感じます。

うまくいけば自分のおかげ
うまくいかなければ人やモノのせい。
自己中心的以外のなにものでもないですよね。

起こった出来事はすべて自分をの責任であり、
原因もすべて自分にあるのです。

それを認めない限り、成長はありませんし、
器も大きくはなりません。

仕事ができる人は時間がないとは言いませんし、
本当にやりたいことであれば誰が反対しようとやるものです。
また年齢を理由にあきらめたりなどしません。

言い訳を探すよりも、
どうすればできるようになるのか
次はどうしたらうまくいくのか

を考える方が自分の成長にとっても信頼関係にとっても
ずっといいとは思いませんか?

そもそも、言い訳をする人は
プライドが高い人に多い気がします。

実際、私もそうでした。

自分に自信がなく、自分を低く見せたくないがために
言い訳することで、あたかも自分ができる人のように
見せたかったのだと思います。

しかし、わかる人にはわかってしまうものです。

できない自分を認め、
できるためにトコトン学び、実践することで
自信がつくと、言い訳をしなくなりました。

言い訳は自分の価値を下げます。

自分の価値を上げて器を大きくするためにも
今すぐ言い訳をやめてみませんか?
☆今日の一言☆
The excuse lowers your value.
言い訳はあなたの価値を下げる

image


コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.