相手を否定しない


Warning: A non-numeric value encountered in /home/seireisha/chinatsublog.com/public_html/wp-includes/media.php on line 457

Warning: A non-numeric value encountered in /home/seireisha/chinatsublog.com/public_html/wp-includes/media.php on line 467
相手を否定しない

人間関係において相手を認めるということはとても大切ですが、

関係が近くなればなるほど自分が正しく相手を否定しがちになるものです。
例えば夫婦や親子、兄弟などがいい例です。
ついつい子どもの行動に文句を言ったり
夫婦間でも相手の嫌な部分を指摘し合ったり
恋人間でも親しくなればなるほど
相手の欠点や自分との違いが目についてくるものです。
そして、相手を否定すればするほど相手の気持ちも距離もあなたから離れていきます。
では、良好な関係を続けていくためにはどのようにしたら良いのでしょうか。
それには「互いに違う」というのを認めることが大切です。
夫婦でも元は他人ですし、子どもだってそれぞれ違った人格を持っています。
得意なことも苦手なところも好みも決してあなたと同じではないのです。
自分の好きなことを否定されると、誰だってがっかりしますよね。
また自分を否定されると自分はダメな人間なんだ ・・・
などと自己否定してしまうようになります。
モラハラ」という言葉を最近よく耳にしますがこれも一つの否定です。
モラハラをする人は「心に強いコンプレックスや劣等感」を持っています。
ですから、その劣等感を隠すために相手を攻撃したり、
相手を指摘して見下すことで自分が優越感に浸るのが特徴です。
話は少しそれましたが、、、
人に対する言葉は自分自身に対する言葉でもあります!
人を攻撃する人は無意識にも自分を攻撃しているのです。
ですから、自分を認めている人は相手のことも認めることができます。
自分を認めることができれば、相手を否定することもなくなります。
コンプレックスも劣等感も自分が決めることであり、
相手から見たら何の欠点にも見えなかったりするものです。
もし、あなたが人に対して欠点や相手の嫌な部分を指摘しているとしたら、
自分の欠点や嫌な部分を自分自身が認めているかどうか考えてみてください。
そして、そんなところもかわいいな…と言ってみることをオススメします。
自分自身を認めることができたら、相手のことも認めることができるはずです。
人はそれぞれ違いますし、違って当たり前なのです。
あなたも正しいですし、相手も正しいのです。
ですから、相手を否定する前に『違う!』ということを覚えておきたいものですね。
☆今日の一言☆
It is the same to deny yourself and to deny others.
自分を否定することと相手を否定することは同じである
image
急に寒くなったと思ったら、山の方にうっすら雪が積もっていました!
寒いはずですね。。。
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.