執着を手放す5つのステップ

執着を手放す5つのステップ

前回執着の原因についてお話をしましたが、

今日は執着を手放す方法についてお話したいと思います。

人間関係の執着を手放せない2つの理由とは、

1. わかって欲しい

2. 負けを認めたくない!損をしたくない!

という感情が心の底にあることをお話しましたが、

その他にも、お金やモノに執着する人は、

それを失うことで自信をなくしてしまったり

これがないと自分じゃない!

あの人だけは絶対に許してはいけない!

などと、自分以外のモノに支配された状態になっています。

そして、お金がなくなったら周りの人が自分から離れていく…

綺麗じゃなければ愛されない…

人に合わせなければ嫌われる…

など、失うことへの恐れが執着を強めます

前にもお伝えしましたが、

うまくいかないことや手に入らないものは

自分が本当に必要とするものではないのです。

本当に心の底から必要なものは必ず手に入るように

なっているのです。

ですから、

何かに執着し自分以外のモノに支配された状態では

本当に幸せになることはできません。

執着を手放すためにも、

①まずは自分の感情は自分で支配する!

と決めることが大切です。

そして、

②must「〜ねばならない」shoule「〜すべき」

という言葉を取り除いてください。

自由に生きている人にイラっとしたら

「人に合わせるべき」という執着があるのかもしれませんし、

頑張らない人に腹が立ったら、

「頑張らなければならない」ということに執着している

のかもしれません。

また、苦手な人に対して嫌な感情を持ったなら、

本当はその人みたいになりたいのにどこかで我慢している

自分がいるのかもしれません。

〜ねばならない
〜すべき、〜であるべき

という感情は自分の本当の感情ではなく、

過去に誰かによって植え付けられた感情なのです。

次に

③自分に質問してみるといいです。
(英語でいう5W1Hといえばわかりやすいかもしれません。)
Why「なぜ」自分はそう思うのか
What「何を」したら楽しいのか
When「どんな時」そう思うのか
Where「どこ」が自分の立ち位置か
How「どうしたら」この感情がなくなるのか

それから

④ 目標を持つことが大切です。

未来に希望を持つこと

そして、
「なりたい自分になるためには何をしたらいいか」

そう考えることで

なりたい自分になるための行動をするようになります。

行動すればするほど自信へとつながっていきます。

そうしているうちに、何かに気づき、

自分自身に変化を感じるでしょう。

あとは

⑤ 変化を受け入れるだけです。

変化した自分を受け入れることで、

本来の自分の姿にどんどん近づいていきます。

執着は無理に手放そうとすればするほど

しがみついて離れないものです。

ですから、自分の生き方・在り方について

考えて行動していくうちに周りのことが

だんだんと気にならなくなり、

自然と手放すことができるようになるのです。

もし、あなたが周りに対してイライラする!

 この先が不安だ・・・などと感じていたり、

もっと幸せな人生を送りたいと思っているのでしたら、

自分の中に執着という感情がないかどうか考えてみてください。

そして、ぜひ5つのステップを実践してみてください。

〜「執着を手放す5つのステップ」まとめ〜

①自分の感情は自分で支配する!と決める
②must「〜ねばならない」shoule「〜すべき」を取り除く
③自分に5W1Hの質問する
④未来に希望を持ち、自分に目標を持つ
⑤変化を受け入れる

☆今日の一言☆
If you really want to be happy, just let go of your attachment.
もし本当に幸せになりたいのなら、執着を手放しなさい

IMG_3744

[`evernote` not found]
LINEで送る

トラックバック / ピンバック

  1. 自分の環境が変わらなくても周りは変化している | 千夏ブログ - […] http://chinatsublog.com/2015/1…

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.